政治理念

東京の「いのち」を守る。

 

東京都が発表した首都直下地震の被害想定での杉並区の被害は以下の通りです。

死者の75%が焼死(556人中416人)

建物の20%が全焼(11万6000棟中2万3000棟)

つまりいのちを守るためには、食料備蓄ではなく火災対策こそが必要なのです。

しかしこのことに対する理解と対策は進んでいません。加えて「災害関連死」という新たな課題もあります。コロナ対策の充実は当然ですが、それにかまけて地震対策や豪雨対策を怠ってはなりません。

私はこれからも「命を守る防災」に全力で取り組みます。