ブログ

過去のブログはこちら

プロフィール

東京都議会議員 (4期・自民党)

明治大学客員研究員 (都市防災)

 出 身

  • 1968(S43)年11月27日
    荻窪の東京衛生病院生まれ
     (さる年・射手座・AB型Rh-) 52才

 学 歴

 職 歴

 役 職

 プライベート

 

 

災害支援・調査

 米国ハリケーンカトリーナ・中国四川大地震
 
など、国内外多数。
 東日本大震災では、発災当日に被災地入りし
 
支援活動を行う。

西日本豪雨 (2018年7月) 

糸魚川大火災 (2016年12月) 

糸魚川大火災

熊本地震 (2016年4月) 

熊本地震

鬼怒川水害 (2015年2月) 

善福寺川台風被害 (2014年7月) 

伊豆大島土砂災害 (2013年10月) 

東日本大震災 (2011年3月12日=発災翌日) 

 

都政報告

 

 

お口と健康寿命編
(2021年4月号)

災害関連死編
(2021年3月号)

新型コロナ編
(2020年9月号)

液体ミルク編 
(2020年1月号)

都市型水害編 
(2017年6月号)

高齢者の健康編
(2017年4月号)

オリパラのレガシー編  
(2016年8月号)

AED(突然死救命)編
(2016年3月号)

男の子育て編
(2014年9月号)

ロボット手術編
(2013年5月号)

首都直下地震編
(2013年3月号)

オリンピック編
(2012年7月号)

被災地の復興編
(2012年3月号)

緩和医療編
(2012年1月号)

都市の耐震化/高齢者の住まい編
(2011年3月号)

 

2017.6.1 早坂よしひろ特集号 

2017.3.19 早坂よしひろ特集号

2013.5.29 早坂よしひろ特集号

2013.4.24 早坂よしひろ特集号

東日本大震災から10年
(2021年3月9日号)

 

新型コロナ
(2020年7月28日号)

令和防災研究所の設立に当たって
(2019年5月28日号)

パラリンピックのレガシーとは
※司会が早坂(2018年8月10日号)

西日本豪雨の被災地・真備町で
(2018年8月3日号)

平昌冬季五輪を見て
(2018年3月20日号)

政治理念

東京の「いのち」を守る。

首都直下地震の被害想定では、杉並区での震災犠牲者(約600人)のうち、75%が焼死であり、区内すべての建物の20%が全焼するとされています。

しかし「首都直下地震=火災被害」という意識をお持ちの方は、現時点では少数です。

備蓄食料や帰宅困難者対策は、いのちが守られた後に初めて必要になるもので、いのちを守るものではありません。
いのちを守るために必要なのは、火災対策です。

 地震火災から、いのちを守るには三つの場面があります。
 ❶(そもそも火を出さない)   出火防止
 
(火が小さなうちに消し止める)初期消火
 
(火が大きくなったら身を守る)避難

 防災は都民の納得と行動、そして、それを後押しする政治の力で築くものです。
首都直下地震発生まで残された時間はわずか。

 私はこれからも「いのちを守る防災」に、全力で取り組みます。

100円募金

早坂の政治活動を支えるため、
100円募金をお願いします。
※ 一口100円より (政治献金)

[金融機関] 三菱UFJ銀行
[支店] 荻窪駅前支店
(589)
[口座番号] 普通4585617
[受取人名] 自民党杉並22支部
支部長 早坂よしひろ

お振り込み頂く際には、お名前・ご住所・お電話番号を、
早坂事務所まで、メールやFAXなどでお知らせください。
なお、外国籍の方からの献金は、法律で禁じられています。


  
 

早坂をタップすると…
  

事務所案内

【早坂よしひろ事務所】

〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-18-11-202
TEL:03-3220-0411
FAX:03-3220-0433
hello@tokyo-hayasaka.com

★ JR・東京メトロ「荻窪駅」
西口(南側)より徒歩30秒


【都議会自民党】

〒163-8001
新宿区西新宿2-8-1 議会棟5階
電話:03-5320-7210
FAX:03-5388-1781

・JR「新宿駅」  西口より徒歩10分

・東京メトロ大江戸線「都庁前駅」  A3出口より徒歩1分

LINEアカウントは「helloattokyo」で検索してください
Clubhouseアカウントは「mrbosai」で検索してください

PAGE TOP
MENU